新規事業のプロダクトマネジメントを任されて成果を出した2ヶ月間で学んだこと

インターン体験談

こんにちは、北海道オンラインアジトの大学生メンバーのてつです。

本記事では、私が株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンのインターン生として働いていた活動を振り返ります。

今回は、新規事業のプロダクトマネジメントを任されて成果を出したことで学んだこと、実際にどんな新規事業に貢献してきたかを話していきます。

新規事業のプロダクトマネジメント

私は株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンのインターン生として働く中で、いくつかの新規事業のプロダクトマネジメントを任され、成果を出してきました。

プロダクトマネジメントとは、プロダクトの成功すなわち「顧客に価値を提供しビジネスとして利益を出すこと」を目的・責務とするマネジメントです。

今回は株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンでインターン生として働く中で、いくつかの新規事業のプロダクトマネジメント(価値を提供しビジネスとして利益を出すことを目的・責務とするマネジメント)を行った業務内容と、どのように結果が出て、どのように新規事業に貢献したのかを紹介して行きます。

ポケットシーシャ事業

インターン生として活動する中で、2021年の10月末ごろからポケットシーシャを取り扱う新規事業のプロダクトマネジメントを行いました。

このポケットシーシャの新規事業の始まりは、2021年の10月深作さんと行った東京出張の4日目に行ったお店で”電子シーシャ ”を試させていただことから始まりました。

pocketshisha(ポケットシーシャ)を吸う深作浩一郎の写真1

こちらが「ポケットシーシャ(pocket shisha)」で、現在港区を中心に流行している、ニコチン、タール、タバコ臭ゼロの電子シーシャです。

pocketshisha(ポケットシーシャ)その1

作さんと行った4泊5日の東京出張では私は深作さんよりも1週間先に東京から札幌に帰ってきました。

そして私が札幌に帰ってきてから1週間後に、東京から帰ってきた深作さんは電子シーシャの「ポケットシーシャ(pocket shisha)」の販売契約を持って帰ってきました。仕事が早すぎます。

これ、アジトから広めていきましょうか。

といった感じで今回の電子シーシャの事業がスタートしました。

このポケットシーシャの新規事業のミッションは、ポケットシーシャの取扱店舗を増やすこと。すでに電子シーシャは少しずつ飲食店、バー、ラウンジなどで取り扱われており、その店舗数を拡大していく、というのが目標です。

このミッションを達成するために、まずはポケットシーシャをウェブで販促しようということで、ウェブマガジンとSNSアカウントを立ち上げ、集客と宣伝を行いました。他にもメール営業やビラ配りなどいろいろな方法を試し、反応率などのデータを取っていくことにしました。

pocketshisha(ポケットシーシャ)を吸う深作浩一郎の写真2

今回の新規事業用にゼロからウェブマガジンである「ポケシーマガジン」を作り上げました

ウェブマガジンやオンラインマガジンはKPI(訪問件数や受注件数)と明確な目標を持ち、利益のために運営されるものです。

ポケシーマガジン1

ポケシーマガジン2

ポケシーマガジンはポケットシーシャ(pocket shisha)の販促を目的としたウェブマガジンで、ポケットシーシャのレビューや実際に利用した人のインタビュー記事などが掲載されています。

ウェブマガジンを作成後、早速記事の制作にかかりました。

お試しで仕入れたポケットシーシャの味を一つずつ試し、各フレーバーごとにレビュー記事を作るところから始めました。

pocket shishaジャスミン味の評判・感想レビュー【ポケットシーシャ02】

また、Twitterのアカウントを作成し、インタビュー記事の制作も行いました。Twitterのキャンペーン企画なども絡めて、SNSでもポケットシーシャを広める取り組みを行いました。

まtSNS上で、実際にポケットシーシャ(pocket shisha)を体験している方にアポイントを取り、いくつかの質問をインタビュー形式で行わせていただきました。

小さいのにしっかりシーシャの味が楽しめる(岩ちんさん)【pocket shisha(ポケットシーシャ)利用者インタビュー】

漫画家の岩ちんさんは快くインタビューに答えてくださいました。早期ユーザーの貴重な意見をいただきました。

こうして新規ユーザーに感想を記事にして掲載することで、新しいユーザーの獲得や「ポケットシーシャはどんな感じなの?」というふわっとした疑問にも答えられるようになります。

作成したウェブマガジンを運営しながら、ポケットシーシャの導入店舗を増やすべく、あらゆる手でポケットシーシャを広めました。

深作さん、私、北海道オンラインアジトのメンバーであるナカザワさんとで街中へポスティングするなどして地道な宣伝も試したりしました。

pocketshisha(ポケットシーシャ)営業

試行錯誤しながら、あぁでもないこうでもないと色々試すのは面白かったです。

そして、ポケットシーシャ(pocket shisha)を販促していく中で、メール営業も行っていきました。

メール

私のインターン先でもある株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンの代表取締役の深作浩一郎さんは、メルマガで多くの利益を生み出し、メールで物を売るプロです。

そんな深作さんの力も借りながら、メールでの営業を進めていきました。

結果として、ポケットシーシャの新規事業のプロダクトマネジメントとして、SNSの運用、ウェブマガジンの作成、レビュー記事やインタビュー記事の執筆、ビラ配りやメール営業を行い、新規で挿入する店舗を増やすことができました。

こうして新規事業で「顧客に価値を提供しビジネスとして利益を出すこと」を達成し、取り扱い店舗を増やすというミッションも達成しました。

今回、ポケットシーシャの事業をゼロから手がけ、その中でウェブマガジンの作成、インタビュー記事の作成、メール営業を行う中で、一つの事業を生み出し利益を得るまでのプロセスを学ぶことが出来ました。

また、ウェブサイトをゼロから作り、その中身である記事の作成や実際に自分以外の方にインタビューを行なって記事を作る中で、新しい記事の書き方を学ぶことが出来ました。

▼前回のインターンシップ体験談の記事はこちら

株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンは”新規事業の立ち上げをしてみたい、けど教えてくれる環境も任せてくれる環境もない”という札幌では珍しい「まずは色々やってみようぜ精神」で仕事を任せ、儲けがあればその分だけバックがあるという、経験値重視の会社です。

そんな株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンでは、現在深作浩一郎社長自らがメンターとなるインターンシップ「メンターンシップ」に参加する学生を募集しています。

インターンシップ参加者は、ポケシーマガジンや出版事業に関わっていくことができる他、スキルが身につけば新規事業を任される可能性もあります。

▼募集ページは以下

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング