高IQ者が考えた 解くだけで頭がよくなるパズル 関口智弘 (著)

北海道オンラインアジト, 本紹介

こんにちは、アジトのボスです。

この度アジトの本棚に

高IQ者が考えた 解くだけで頭がよくなるパズル 関口智弘 (著)

を追加しました。

 


 

「記憶」に頼って考えるクセをなくすだけで、あなたの頭はもっとよくなる!

人口上位2%(IQ148以上)の高IQ団体「メンサ」会員である著者が考案した、
分析力と思考力を高めることに特化したパズル、全42 問を掲載!

きたる 2020 年大学入試改革。そこで最も大きな変更点となるのが、
「マーク式問題から記述式問題への移行」と言われています。
知識を問う問題から、思考力を問われる問題へ――。
設問を読み解く「分析力」、解答を導き出す「論理的思考力」を鍛えるには、どうすればいいのか。
ビジネスで結果を出す人は、人の話をどのように聞いているのか?

パズルを解くだけで、あなたの脳を「記憶」から「分析」「思考」にシフトチェンジ!

「高IQ児の子育て法」「高IQ者が苦手とすること」など、IQにまつわるコラムも収録。 「頭のよさ」への見方が広がる一冊です!

 


著者紹介

関口智弘(セキグチトモヒロ)

1979年埼玉県生まれ。成蹊大学卒業後、3年間で5社での勤務を経験。広告会社、IT企業を経て独立。
マーケティングシステムリース、ウェブサイトアクセスアップツール開発を本業とし、海外で馬主業にも参入。
人口上位2%(IQ148以上)の知能を持つ人々の交流団体「JAPAN MENSA」会員。
著書に『これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう』『群れない力』がある。

 


 

本書はTwitterやインスタグラムなど各種SNSでレビューされています。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング