動画広告”打ち手”大全 ネット広告の新時代を勝ち抜く施策設計 最強の戦略74鈴木雄翔 (著), 高橋俊輔 (著)をアジトの本棚に追加しました。

北海道オンラインアジト, 本紹介

こんにちは、アジトのボスです。

この度アジトの本棚に

動画広告”打ち手”大全 ネット広告の新時代を勝ち抜く施策設計 最強の戦略74

鈴木雄翔 (著), 高橋俊輔 (著)

を追加しました。

 


 

YouTubeや主要SNSで動画コンテンツは人々の間に透し、動画広告も成長を続けています。「5G」のサービス開始により、今後はさらに動画広告の重要性が増し、広告運用者やマーケターにとって避けて通れないものとなります。

本書では、動画の特性を知り動画広告施策の実施を判断する段階から、施策を成功に導く設計方法や運用者が中心となった制作の進め方など、動画広告施策全般に必要なノウハウを収録。動画広告にこれから取り組む方や、結果が出ずに悩んでいる方に必要な“打ち手”が見つかります。

(Amazon販売ページより引用)

 


本書内容

 

Chapter 1 準備~動画と広告の常識を更新せよ
Chapter 2 施策の基礎設計~共有可能な言葉で方向性を定める
Chapter 3 広告配信設計~手段の理解と選択が成功の鍵に
Chapter 4 企画と制作~迷わず完成に導く「型」を知る
Chapter 5 拡大~動画が変えるコミュニケーション

 


著者紹介

鈴木雄翔(スズキユウト)

1990年生まれ。相模原市出身。

これまで3社のデジタルエージェンシーに在籍し、主に運用型広告を軸としてデジタルマーケティングの設計やオペレーションに従事。

前々職のアナグラム株式会社では多様なビジネスの課題解決や成果追求を行う。

Facebook広告をメインとしたソーシャルメディア広告事業を立ち上げ、軌道に乗せる。

前職の株式会社Viibarではブランド・パフォーマンス広告それぞれのプランニング&オペレーション組織を立ち上げ、マネージャーとして従事。動画の企画、動画を活用した広告施策のディレクションを行う。
2020年4月よりByteDance株式会社に在籍。

 

高橋 俊輔(タカハシシュンスケ)

株式会社Viibar COO 動画プロデューサー

新卒でNHKに入局後、ディレクターとして番組制作に従事。報道番組やドキュメンタリー番組の制作を経て、SNSとテレビを融合させた番組開発を推進。

2014年4月にViibarへジョイン。
動画制作や動画メディアなどネット動画に関する事業の立ち上げを担当。

2018年より動画事業の全体責任者として、事業開発・運営を行っている。

 


本書はTwitterやインスタグラムなど各種SNSでレビューされています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング