深作社長の回答から見える成功の秘訣【インターンシップ感想】

イベント活動日記

こんにちは、アジトのボスです。

今回はインターンシップの取り組みの一つで行った

大学生の質問11を深作さんに質問し、回答をしていただきました。

 

今回は深作さんが回答していただいた質問のうち4つをピックアップして、回答とそれについて思ったことを紹介していこうと思います。

起業や社長の働き方、考え方に興味がある学生の方や、就活、将来が不安な学生の方には参考になるかと思います。

大学生の質問:「貯金してるの?」

深作さんの回答:してるっちゃしている

深作さん曰く、20代は貯金を意識しない方がいいと。理由は簡単で、貯金はしてもお金貯まらないのが日本の現状なので、大きなお金を銀行に預けていても、増えることはないから。

貯金するなら、ビジネスに使って増やした方が継続的な収入が入り仕組みを作れので、いわゆる自己投資にお金を使った方がいいよねというのが深作さんの考えでした。

また。継続的にビジネスの収入が入ってこないのに、リスクの高い投資をするのは危険。お金を稼いでから、ある程度リスクのある投資は行おうと言いうのが社長の考えだそうです。

 

若いうちほど自己投資にお金を使うのは、その通りだと思います。私自身、自己投資に使うお金はどれだけ高くても投入するタイプでした。若いうちに、どれだけ面白い体験を、どれだけ多くできるかが、自分自身の価値に直結します。

また、無料で獲れるものには限界があります。世の中はお金で動いているので、無料で面白い経験や、貴重な経験を提供してくれる場所は少ないのが当たり前です。

無料アプリや無料体験といった、無料で楽しめるもの、無料で手に入るものが注目されがちな世の中ですが、だからこそある程度のお金を支払って得ることのできる体験や経験は、かけがえのない自分の財産になっていきます。

 

若いうち、20代のうちには、貯金をするよりも、自己投資にお金を使う方が将来的なリターンを考えると賢い選択と言えます。自己投資と言っても何にお金を使えばいいかわからないという方もいると思います。

そういう方は、まずは本屋に行って、気になった本を一冊買ってみることから始めてみてください。読書は最も効率の良い自己投資ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

大学生の質問:「有益な本の選び方は?」

深作さんの回答:ジャケ買いとかでいいと思う

深作さん自身、興味のないジャンルでも、ジャケ買いする事があるといいます。最近買った本は美術館のマナー術みたいな本らしいです。あえて自分が普段買わないような本に手を出して、自分の範囲外の情報を手に入れる事が目的と言います。

深作さんは、書店などの人気ランキング上位の本のタイトルを特にチェックしているらしいです。どういう情報が今の時代に求められているのか、というところを学ぶために、売れている本はなぜ売れているのか、どういう内容だから売れているのか、をチェックしているそうです。

 

自分の好きなもの、興味のあるものを選択しがちですが、あえて自分が興味を持っていないものや、新しいものに手を出すのは、自分の視野を広げる非常に有益な方法です。

特に今のインターネットの社会では、自分のみたいものだけをみる風潮が広がっています。事実、インターネットではAIがインターネットの利用者の興味に合った広告を提示したり、YouTubeなどの動画サイトでも、過去に見た動画から関連した動画を表示するなどして、新しいものや興味のないものを排除する流れになっています。

 

あえて興味のない方を選ぶ、あえて知らない本を買う、あえて今までと違う行動をする。そういう新しい小さな挑戦の積み重ねが、自分をより柔軟にし、知識を豊富にするコツです。

 

大学生の質問:「仕事(行動)のスピードの上げ方は?」

深作さんの回答:早足で歩くような行動をとる

深作さん曰く、キビキビ動くと脳みそも活性化するとか。逆にだらだらしていると、頭の回転も遅くなるそうです。

毎日の生活の中で、素早く動く癖をつけると、脳が活性化され、仕事も早くなります。

 

在宅ワークやオンライン授業では、自宅にいるためだらだらしてしまい、結果として脳の処理速度も遅くなるので、仕事が遅くなったり、授業が頭に入ってこない事があります。

アイデアは歩いている時の方が浮かぶ。と言いますが、人間動いている時の方が頭の回転も上がり、アイデアも湧いてくるので、なるべく体を動かしたり、作業を早く行うことを意識してみてください。

 

大学生の質問:「社長のこれからの目標は?」

深作さんの回答:ビジネスやめたら小説家になりたい。

深作さんは将来、名前も伏せた状態で小説を書くらしいです。

今までの社長人生で、ある程度文章でやれることはそこそこやった人生なのかなと思った深作さんは、自分が文章で達成していないのは、あとは空想の話を世の中でバズらせることかなと思ったので、小説を書く事が先の目標らしいです。

コピーライティング、メルマガ、ブログ、書籍出版などでそこそこの成績を出したので、あとは空想の話を作ることかなと思ったと語る深作さん。ここまで結果を出してきた人がゼロから作る空想の物語は、是非読んで見たいものです。

作品は教えてくれないらしいですがw

 

どうやらもうすでに作品については考えているらしく、たまに酒飲みながら書いていると言っていました。深作さんの小説家デビューが楽しみです。

 

 

深作さんの大学生の質問に対する回答を聞いて

以上大学生の質問11を深作さんに質問し、回答をしていただいた内容と、それについて思ったことを紹介しました。

基本的に成功するために一番手っ取り早い方法は、成功者の真似をすることです。

完全なコピーになる必要はありませんが、「成功している人がこうした方がいいよ」ということには、素直にそれを認めて真似する方が、結果として自身の成功や成長につながります。

 

深作さんの回答の中には、今の自分ではできそうのないレベルの高い話もありましたが、そういう話からすごいなぁと感心するのではなく、どうやったら自分もそういうレベルにいけるのか、この人はどうしてそういうレベルにたどり着いたのか、を考えて、今の自分にできることは何か?という風に自分の中で落とし込んでいく事が大切だと思いました。

自分ではできないようなすごいことや、すごい人を目の前にした時に、世界が違いすぎてむり。と諦めるのか、この人にも自分と同じような時期は必ずあったはずだから、自分も工夫次第ではこのレベルまでいけるかもしれない。と思うのかは人それぞれです。

 

今の自分に何ができるかを考える事が、成長する鍵だと思います。

まずは今の自分を見つめ直すことから始めるのもいいかもしれませんね。

 

それではまた。

 

北海道オンラインアジトの最安値はこちらをクリックorタップ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング