オホーツク地方の地方創生ウェブメディアをゼロから作成し運営中【大学生インターン体験談】

インターン体験談

こんにちは、北海道オンラインアジトの大学生メンバーのてつです。

本記事では、私が株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンのインターン生として働いていた活動を振り返ります。

今回はインターン生として活動している中で、北海道の道東、オホーツク地方の地方創生のウェブメディアを作成して運営するに至った話をしていこうと思います。

オホーツク地方を盛り上げる

北海道ロゴ画像

私がインターン生として働いている株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンおよび代表取締役の深作浩一郎さんは、東京で起業したのち故郷北海道を盛り上げるべく、現在北海道と東京の二拠点生活をしています。

深作さんは現在、北海道在住者限定のオンラインコミュニティ「北海道オンラインアジト」をクラウドファンディングサイト大手の「CAMPFIRE」で行い、北海道最大の規模を誇っています。

そして「北海道オンラインアジト」に参加した北見市在住のメンバーと一緒にオホーツク地域を盛り上げよう!という思いのもとにオホーツク地方創生メディアの制作が決まりました。

実際に北見・網走へ出張へ

北見・網走の出張の様子1

オホーツク地方の地方創生メディアを作る中で、実際にオホーツク地方(北見・網走)への出張に同行しました。

実際に自分の目でオホーツク地方を見て、その地域の特徴やリアルな現状、その地で生きる人々や働く事業者、農家の方々を知り、多くのことを学びました。

と同時にどうやって北海道、そして日本中に魅力を発信していくか、何に特化して発信していくのあ、などインターネット社会の今だからできる取り組みについて考える出張となりました。

スピード感のあるサイト制作

このオホーツク地方の地方創生ウェブメディアを制作する前に、北海道限定のオンラインコミュニティの「北海道オンラインアジト」の公式ホームページの作成にも深く携わり、ウェブサイトおよびウェブメディアの作り方は理解していたので、同じような手順でサイト制作を進めていきました。

先に完成のイメージを話し合い、あとはそれを作るのみ。ウェブサイト及ウェブメディアの制作は複雑に見えて、実際は単純な作業の積み重ねです。一つ一つの作業は難しくなく、それらがかけ合わさってサイトやメディアになっていきます。

短い期間で集中してサイト制作を行いました。かなりスピード感のあるサイト制作になりました。

こうして完成したのがオホーツク地方の地域創生メディアである「オホツクネット」です。

北海道オンラインアジトが運営するオホーツク地方創生メディア「オホツクネット」

北見の事業者へインタビュー

オホーツクの地域創生ウェブメディア「オホツクネット」を制作する上で、オホーツク地方の事業者の方へインタビューを行いました。

北見と網走へ行って直接インタビューを行った事業者の方に加え、オンラインでインタビューを行い実際にその回答をオホツクネットの事業者のページへ掲載しました。

インタビューを通して、オホーツク地域の事業者の想いや働き方、課題や温度感が知れて面白かったです。

ブログ記事の執筆

飛行機内でブログ記事を執筆する様子

「オホツクネット」では、記事の執筆も行いました。

オホーツク地方のブログメディアとしてスタートしたオホツクネットですが、ウェブメディアである以上、提供するコンテンツ(記事)がなければ始まりません。

またオホーツク地方の事業者の方たちが記事を書く指標やモチベーションにも活かされると想い、記事の執筆を行っていました。

大体数十記事の記事を執筆しました。

オホーツクの地方創生メディアの作成、運営をした感想

北見・網走へ出張の様子2

オホーツクの地方創生メディアの作成と運営をした感想は、「地方にはまだまだチャンスがある」でした。

札幌に住んでいると、北海道の札幌圏外の地域のことを深く知る機会はあまりありません。今回オホーツク地域(北見市、網走市)に行き、直接農家の方や事業者の方とお話しして、全く知らなかった地域の働き方や、地方だからこその悩みや課題などを知りました。

そしてそれらを知った上で、その課題をどう解決していくのか、ここにしかない魅力をどう発信していくのか、というのをとても考えました。

大学生のうちに、こういった地方の課題について考える機会や、それを形にして発信していく機会は非常に貴重で価値のあるものだと思います。

自分で様々な課題を解決する方法を考え、それを様々な形で発信したり解決していく体験は、今後自分自身が働いていく中でかなり役に立つスキルだと思います。

株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンのインターンでは、こういった社会的な問題や課題を解決する力や柔軟な発想力を鍛えることができます。また、北海道内だけでなく東京を始めとした道外での出張の同行などを通して働くことやもっと根幹のビジネスとは何か?について学ぶことができます。

▼前回の記事はこちら

株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンでは、現在深作浩一郎社長自らがメンターとなるインターンシップ「メンターンシップ」に参加する学生を募集しています。

インターンシップ参加者は、webライティングスキルを身につけたり、出版事業に関わっていくことができる他、スキルが身につけば新規事業を任される可能性もあります。

▼募集ページは以下

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング