北海道転覆テロリスト計画

北海道オンラインアジト, 活動日記

こんにちは、深作浩一郎です。

よく、言われる事として「深作浩一郎は何をしている(会社な)のかわからない」と言われます。

はい、そのとおりです。

両親も僕がなにをやってるかわからないと思います。w
私は「お客さんに喜んでもらって自分も儲かってるよ」としか伝えてません。

でも2020年は変化の年でした。
ただ、全国のお客さんを支援するのはオンラインで対応できますし、北海道にいる間は北海道を舞台にやれること全部やろうと思います。

結論「北海道を良くするためなら綺麗事抜きでなんでもやるマン」って自己紹介になるかもしれません。

私は自分がいる北海道から、日本経済の不景気突入を1秒でも食い止めて、周りの方々を働き方をふくめ豊かにしたいと思っています。

ぼくが札幌に会社を作るまでの経歴

私の略歴をかんたんに伝えると以下の通り

1986年11月12日生まれのさそり座

横浜で生まれて、3歳で北海道札幌市に親の転勤で来る

札幌市立大谷地東小学校卒業

札幌市立厚別南中学校に入学、2年生の夏に関東に親の転勤で引越し

埼玉県の浦和実業学園高等学校に入学、卒業

日本大学文理学部中国語中国文化学科に入学、留年せずに卒業

卒業後に2年で4社の入退職←能力もなければ学ぶ素直さもないカス野郎時代

起業をすると志ざし「ビジネスうまくいってる人生の考え方と、今の自分みたいな貧乏人の考え方は真逆なのでは」と仮設付ける

行動、思考、食べるもの、生活習慣、全部を変える。

結果、個人事業主1年目から数百万円、その途中にオフィスを東京都心の新宿駅徒歩10分の築35年のマンションに移転。

その後も順調に、気づけば1500万円〜2000万円くらい?を稼げた個人事業主2年目

※まだうっすら野暮ったさが残るけど順調な頃。築35年家賃7万5000円のマンションにて。

いつ法人化をすればいいのか誰も教えてくれなかったので、ふと不安になって司法書士&税理士に相談

相談した結果「明日にでも法人化しましょう」なレベルと判明
そしてそれを知らない程度の知識レベル

2014年11月、株式会社エグゼクティブマーケティングジャパンを設立

その1年後には年”収”1500万円でも審査が落ちると評判のセントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿に入居


事業拡大、メールマーケティング・コピーライティング・LPOなどで日本一といえる実績を多数作り出す

3月の花粉症の時期に東京いるのがつらくなり、スギ花粉の存在しないシンガポールと沖縄のホテルを1ヶ月借りて南国移住のセミリタイア実験生活

2016-2017年頃、飛行機に1ヶ月で34-36回ほど乗るペースで世界中と日本中をとびまわり某航空会社の永久上級会員権を獲得

友人と調子にのって別会社をたちあげるも、あまりうまくいかずwな経験も積む

2018年11月。本出版。「ゼロイチ起業」。各種ランキング1位獲得。
出版セミナーをザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町にて開催。
https://www.princehotels.co.jp/kioicho/

やりたいこと大体全部やれたな、と思いはじめて次何しようか考えはじめる

結果「ふるさとの札幌と北海道を盛り上げよう」と札幌で何をやるかも決めずに登記移転。
どうせメイン事業はオンラインですべて完結しているので、なんとかなるだろ、と軽い気持ちと、日本一の結果と東京都心でバチバチ戦ってきたら北海道を変える情熱と行動量と実績をもつのは俺しかいないだろ、という痛い奴特有の勘違いをもって、東京のマンションを残しながら、新規で札幌市の高級住宅街といわれる円山公園駅にて住居とオフィスを契約。

赤字知らずの順調な会社を東京から札幌に登記移転
※法人税を札幌市・北海道に払うためだけ。
※多分ビジネス的に考えると東京本社のほうが最先端ぽく見えるので更に儲かった、かもしれないが。

ケツに火をつけて事業開始

北海道オンラインアジト主宰

https://community.camp-fire.jp/projects/view/245438

若くて優秀な方々や、真の意味で能動的な方々、なにか新しいことをしないと、と思う方々を支援する体制が整いはじめる

仲間がどんどん集まり、北海道内の事業支援が複数展開開始←いまここらへん

新しい生活様式を求められる難しい社会だが、ビジネス・景気・経済・人材・採用各種、すべてにおける良い意味で「北海道を転覆させる」テロリストになるのを2021年の目標と定める

こんな経歴ですかね。

俺を敵対視する「地方しか知らない田舎ITコンサルタント・WEB業者」たち

なので札幌市内および地方にて同業の仕事をしている人たちからは驚異に思われることもあるようです。
言うならば「俺を敵対視する人たち」って感じです。

結論、協力しあえばいいのに、としか思いませんが
そんな私の意思とは真逆に、自分の実力に自信がないために私と「自分にとって驚異となる外様者」ととらえる同業者もいるようです。

まぁ、確かに。
手前味噌ながら、私は北海道でWEB関係の仕事をしている人とは何やっても負ける気せーへんw
年収も
スピード感も
規模も
実績も
人生経験も
仕事の速さも
魅力さも
正直「勝てるな」としか思ったことないです。

学歴くらいかな、負けるのは。w

ただ、私は別に誰と戦うことも争うことも望んでないです。
共存と日本経済および僕らの周りを助ける結果になれば、何でもいいと本気で思ってます

既に同業他社のコンサルティングもやっています。
同業の方々がよりビジネスがうまくいくような、先生的な立場としてのコンサルティングもしています。
価格は月500円のサービスから月22万円のものまでレベルに応じて様々です。

わずか500円で副業最新情報が知れるコンテンツ例


年収1000万円超えの社長向けの日本起業家新聞オンライン

例えば、マーケティングの支援とか、オンライン化とか、
まさに↑に紹介しているサービスのような月額制ビジネスのオンライン化やコンテンツ販売方法と集客〜セールス〜入金〜サポートをまじで全自動化する方法とかも、私の実演と運営方法をすべてまるっと見せてるコンテンツもあります。

成功確約保証。安定した月額課金収入を今すぐ得る方法

全自動化し働く時間を1秒でも削るから「真に好きなこと」を仕事にする余裕が生まれる

このように、私は何もしなくても勝手にモノが売れる仕組みと、何もしなくても神格化される仕組みと、テクノロジーとオンラインサービスをお金をかけずに無料であれこれやって働く時間を減らした結果利益が増えて、真にやりたい事業ができるようになる具体策などを教えるプロです。

なので、地方しか知らない、日本一の実績をとったことがないようなポッと出のWEB系同業者は私を見て勝てないと思い、そして攻撃的になることも少なくありません。
事実すでにそのような動きがここ1-2年でありましたw
それこそ、「深作さんのほうが魅力的だから私のお客さんを紹介したら取られるんじゃないか」みたいなそんな言動をする人もいたりいなかったり。

でもね、俺が言いたいのは「自分よりも周り考えない?」ってこと。

そもそも客の取り合いとか┐(´ω`)┌そんな小さなことやってないんですよこっちは。
そもそも私は月20万円くらいを年間契約で払っていただけるなら、お客さんにしてあげてもいいよ、というスタンスの経営方針と過去の取引実績です。

ゆえに私(と私の会社)を驚異に感じるなら「あなたもレベルアップしてください、顧客抱える社長でしょ?キミ。」としか思わないです。
冒頭にも書いてるように、私も目的は一つ。

結果として「北海道がよくなる」ことができれば、なんでもいいです。

その先頭にたつリーダーが他にいるなら、その方がリーダーになって私はその後をついていきます。
しかし私が札幌に戻った2018年頃には現状のオンラインビジネスおよびIT化、WEBビジネス、好きを仕事にする方法の指導をする突き抜けまくったプロフェッショナルは見当たりませんでした。
(私もたいしたことないですが思いに共感するプロフェッショナルは、ぜひ、私にお声がけください。友達がほしいです。食事に行きにくい世の中ですが、何らかの形式でお茶かzoom飲みかでもしてお話しましょう。)

私が自分の時給と、仕事のスピード感にこだわる理由


なので、私の思いはシンプル。
俺一人ができることなんてたかがしれてる。
もしかすると今日時点では順調でも来年には潰れてるかもしれない。
でも、できること全部やって、明日死んだとしても後悔なく、という思いで毎日を動けば、自分も周りも良くなると思っています。

なので、私は分単位、いや、秒単位で時給にもこだわります。

そして会話の理解が遅いアホな人との会話は嫌いです。

スピード感のない人も嫌いです。

綺麗ごとばかり言う「口だけ人間」も嫌いです。←たいていこのタイプはお金がない。そして自分を変えようとしない人が多い。

言うだけじゃなくてやればいいのに、やれるように動けばいいのに、としか思いません。
だからこそ私は能動的な方々や、自己実現意識の高い方々が大好きですし、その方々のためならいくらでも動けますし今日まで動いてきました。

恥ずかしながら、私も30歳を超えてから体力の衰えを感じます。

今までお腹いっぱい食べてもすぐお腹へってたのが、満腹になるのが早かったり二日酔いの抜けスピードが遅かったり「あぁ、身体はこうやって老いていくのか」と早くも実感することがあります。

ゆえに、俺には時間がないです。

ビジネスには寿命があります。
経営者にも寿命があります。
起業家としても寿命があります。

今日と同じがずっっっっと続くなんてありえません。

人生本気でいきてるので、危機感しか感じません。

なのに、チンタラのんびりやってるのなんてありえません。
ましてや、北海道の景気状況を見ると、今すぐにでもやらないとヤバい景気状態です。

だからこそ私はスピード感にこだわりますし
「今すぐやれ」
「いつまでに完遂するのか」
「過程よりも結果」にこだわります。(過程も大事だけどね)

でもってこれらは成功する経営者・起業家に共通する行動理念なのは、学び意識の高い方々とビジネスセンスの高い方々はご存知の通りです。

そんな意識とマインド、行動週間を学びながら、「好きを仕事にする方法」を具体的手順を伝達するために私は私の仲間とで、「北海道をいい意味で転覆させるための悪巧み組織」である北海道オンラインアジトを立つ上げて日夜ビジネスの加速と勉強と実践と遊びをしていこうね、というオンラインサロンをスタートしています。

https://community.camp-fire.jp/projects/view/245438

そんな北海道の事業の一つの北海道オンラインアジトにて「アジト」と呼んでいる札幌市内中心部徒歩5分の場所に「コワーキングスペース」としても使えるし「カフェ」としても使える秘密基地をオープンしています。

以下メディアなどにも掲載されていて感謝するばかりですが、このような事業展開

https://co-work-ing.com/detail/hokkaido/hcs.html

来年はここを更に盛り上げるためにより積極的にメディア進出をはかる必要があるな、と思い、知名度拡大のためにも来春は出版も予定しています。
1冊目の書籍は、Amazonランキング1位から大型書店のランキングまで総なめ経験もあるので次回はもっとうまくいくのではないかと、それをもってして知識ノウハウ体験テクノロジーを還元できればと思います。

コワーキングスペースとしてビジネス利用する方々のための北海道オンラインアジトの設備は以下の通り。
他必要設備あれば随時導入していく予定です。

▼設備
コーヒーメーカー
世界各地の紅茶
空気清浄機
ネット環境…無線LAN(Wi-Fi)
国内ビジネス教材
海外マーケティング教材
ベストセラー書籍
スマートフォン充電器
カメラ・三脚
プリンター
ラミネーター
各種充電機器

▼営業時間
8時から22時まで

▼定休日
特になし、稀に不定休あり、会員様には都度指示します

▼キャッシュレス
あり

▼駐車場
なし、近隣の有料駐車場をご利用ください

▼駐輪場
なし

▼住所
完全会員制のため非公開。
北海道札幌市中央区南二条西8丁目周辺
詳細な住所はHOA会員様限定で公開中

▼利用料
0円(オンラインサロンの「北海道オンラインアジト」参加が条件のため)
自由にお使いください。

▼電話番号
なし
電話は相手の時間を奪うものという考え方のため弊社には電話番号はありません。
Amazonやグーグルが専用電話番号を用意せず、用意したとしても自動通話だけで成り立たせるのと同じ理念です。

以上、おわり!
引き続きビジネスも自己実現も叶えていきましょう!

サロンへの参加は以下から!

https://community.camp-fire.jp/projects/view/245438

深作浩一郎

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング