パン屋ではおにぎりを売れ 想像以上の答えが見つかる思考法 柿内尚文(著)をアジトの本棚に追加しました。

北海道オンラインアジト, 本紹介, 活動日記

こんにちは、アジトのボスです。

この度アジトの本棚に

パン屋ではおにぎりを売れ 想像以上の答えが見つかる思考法 柿内尚文(著)

を追加しました。


企画した本1000万部突破! ベストセラー編集者、初の著書!
仕事にも、人間関係にも、恋愛にも、お金のことも、家族のことにも使える!
「想像以上の答えが見つかる思考法」

●考えるには「論理的に考える」と「非論理的に考える」がある
○人は1日に6万回思考する
●「考える」の基本は「広げる」と「深める」
○「考える技術」はブルーオーシャン⁉
●新しいものを生み出す「かけあわせ法」「数珠つなぎ連想法」とは
○苦手なものが消えていく「360度分解法」
●「ずらす法」で売れないものが売れ始める
○オリジナル=マネ×マネ×マネ
●思考ノートで「思考貯金」!
○自分のアタマだけで考えず、人の頭をどんどん使え
●考える練習=「シコ練」をしているか
○思考において「性格悪い」 はほめ言葉

こんな問いの答えも紹介!
「クスッと笑える回答」から「アッと驚く回答」まで!

●モテない男子高校生が女友だちをたくさん作るには?
○ダイエットを長続きさせるためには?
●松岡修造さんが日本一熱い男になれた理由とは?
○100万部以上のベストセラーが生まれる条件とは?
●さびれてきている商店街を活性化するには?
○自社の離職率を下げるには?

(Amazonページより引用)


本書内容

本書の要点紹介

    • 目的を達成するうえで、考えるという行為には、未来を変えるほど大きな力がある。
    • アイデアを生むためには、1、ゴールを決める2、インプットして現状を整理する3、考える=『考えを広げる+考えを深める』の3つのルールに沿って考えていくのが効果的。
    • 天才に見えるヒットメーカーたちは、考える時間を多くとっている。自分で考えたことを実行して自分で自分の未来をつくるために、考える時間をしっかりとると効果的。

 


著者紹介

柿内尚文(カキウチタカフミ)

編集者。1968年生まれ。東京都出身。
聖光学院高等学校、慶應義塾大学文学部卒業。読売広告社を経て出版業界に転職。
その後、ぶんか社、アスキーを経て現在、株式会社アスコム取締役編集局長。
長年、雑誌と書籍の編集に携わり、これまで企画した本の累計発行部数は1000万部以上、
10万部を超えるベストセラーは50冊以上に及ぶ。特に実用書のジャンルで数々のヒットを飛ばしている。


本書「パン屋ではおにぎりを売れ 想像以上の答えが見つかる思考法 柿内尚文(著)」は
Twitterやインスタグラムなど各種SNSでレビューされています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

今週の人気記事ランキング